合コンやら何やら

リア充に負けない

いわゆるリア充は本当に楽しい大学生活を送っています。
しかし、自分が非リア充だからといってあきらめては何も始まりません。
以下のような生活を自分も送ってみたいと思いませんか。
人生の中でも一番キラキラしていたのが高校を卒業してから一人暮らしをしていた学生時代。
実家暮らしの時は、外では自由気ままにハメを外したりするような普通の女子高生だったけど、家では大人ウケのいい自分を演じていてそのギャップに自分でも疲れたりしていました。
本当の自分は、もっと適当で、もっと遊びたくて、もっと異性に興味があったけど真面目に暮らしていました。
その反動からか一人暮らししてからは自宅に帰ることがほとんど無いほど出歩き、起きると知らない人の家なんてことも、しょっちゅうありました。

 

でも楽しかったのは、その後。
学校の友達の知り合いがセッティングしてくれた合コンで、ドンピシャタイプの人に出会い、その人でいっぱいになりました。
でも、その人は私の友達を好きになり、彼の友達に好かれた私は、その人と付き合う事にしました。

 

おかげで(?)私と彼と彼の友達3人でいつも遊ぶようになり、学校が終わると2人が車で迎えにきてくれてドライブ!ご飯を食べてボーリングを8ゲームもしたりして大はしゃぎで彼の家に泊まっていました。
彼に彼女が出来てから疎遠になりましたが、私も当時の彼と別れ、彼も彼女と別れてからは2人で温泉に行ったり家で映画を観たりゲームしたり、私の学生時代は、90%くらい彼と過ごしました。

 

私は彼の友達と付き合ったことで彼からは恋愛対象としてはみれないとキッパリ言われましたが、言われたってずっと好きで、後にも先にも片思いでも幸せだったのは彼の時だけです。
私が未熟故、彼と離れる事になってしまったのは今もなお後悔ですが、だからこそあの学生時代が私の一番キラキラして楽しかった時期なのかもしれません。
最近は、イクヨクルヨっていうサイトを使って遊んでいることが多いですね。